Topics

P2P(ピアツーピア)とは?

P2P(Peer to Peer:ピアツーピア)とは、情報の送り手と受け手が対等な関係で情報を受け渡し合う方式のこと。

P2Pでは、情報提供するコンピュータと情報を受け取るコンピュータが、状況に応じて提供側(サーバー)になったり、受け取り側(クライアント)になったり、また同時に両方の役割を果たしながら、サーバを介さずにデータのやりとりをすること。

対義語はクライアント・サーバ方式。
こちらは、ファイルなどの資源を管理するサーバ(主)とそれを利用するクライアント(従)という関係で接続する方式。
インターネットで一般的に利用されている接続方式がこちら。

P2Pではネットワーク全体を管理するコンピュータが居ないため、一部のコンピュータ(ノード)やネットワーク機器で障害が発生したとしても、他のコンピュータ同士の通信には影響が生じ難い。

一方で、一度共有された情報に対して、削除したり共有を停止したりすることは難しいという問題も有る。

LINEやSkypeがP2P方式を用いている代表的なアプリである。

詳細はこちら(P2P(ピアツーピア)とは?|IoT時代で脚光をあびるスマホ同士の直接通信)

ビットコインのブロックチェーンは完全なP2P方式で稼働している。

関連記事

最新ビットコイン情報

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 2016.9.21

    R3CEVとは?
    R3CEV(読み方:アールスリー・シーイーブイ)とは、ブロックチェーン技術を有するニューヨーク初のス...
  2. スマートコントラクトとは、コンピュータのプログラムの形に書くことができる契約のこと。
  3. カラードコインとは、ビットコインに独自情報を付加した独自コイン。