Topics

クラウドセールとは?

クラウドセール(Crowd Sale)とは、新サービスを開発中のベンチャー企業などが、新たな「(電子)トークン」を販売し、開発費などの調達を行うこと。

ICO(Initial Coin Offering )ともいう。

このトークンは一般的にそのベンチャーが提供するサービス上で利用可能となる。

通常はビットコイン払い。

投資家は、将来的な値上がりしこれらのトークンを購入する。

※トークン(token)とは、日本語で「代用貨幣」の意味。この場合「ビットコインに代わる仮想通貨」のこと

クラウドセールの詳細はこちらが分かりやすい。

クラウドセールの具体例(使用例)


関連記事

最新ビットコイン情報

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. オフラインマーチャントとは、実店舗のこと。反対語はオンラインショップ。
  2. DAC(ダック:Distributed Autonomous Company)とは、人を一切介在せず...
  3. アルトコインとは、ビットコインの代わりとなるコインという意味。オルトコインともいう。